2010年08月05日

昭和生まれの夏

今年は2010年。

昭和の一番長い日と言われた1945年のあの夏の日から、65年になろうとしている。

昭和生まれも85年の歳月を過ぎ、平均寿命でいえば一つの時代の終わりを告げようとしている。

そんな中、大正を超え明治生まれの長寿の方々が、実は既に死亡していたという報道が盛んだ。

平均寿命に大差が出る程には多くはないだろうが、長寿というのは数字上の話に過ぎない事も、また考えておかなければならない。

死者を祀るということと、そうさせない事情とは何か。


平成も早22年。
激動の時代を駆け抜けた、昭和の屋台骨を支えた長寿年代の方々に改めて敬意を表する。


posted by しょうわのものがたり at 11:30| Comment(56) | TrackBack(1) | 昭和の物語